メルマガno.95

p4u_logo01.jpg

LinkIconLinkIconLinkIcon

過去のメルマガ

第95回 子育てのルール1

明けまして、おめでとうございます。
本年も、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

2014年は、日常生活に使える心理療法をご紹介させていただきましたので、今年は、去年気になっていた、「社会のルール」に関わる「子育てのルール」について書かせていただく事にしました。

「社会のルール」というと、何だか子育てとは関係がないと思われがちですが、一言でいうと、皆、それぞれの社会に属し、一つの世界に住んでいます。
多くの人が一つの世界に住んでいると、何らかのルールがないと共に暮らしていけません。
同じように、一つの家庭の中でもお互いに気持ちよく過ごす為にはその家庭独自のルールが必要なのだと思います。
また、ルールのある家庭で育った子どもが大人になった時、ルールのない家庭で育った子どもよりも、社会のルールを守り、犯罪等のトラブルに関わる事が少ない気がします。

最近、子どもと接していて、「社会のルール」を親から教えられている子どもが少ない事に驚かされます。
そして、ルールを破った子どもの保護者と話し合いの場を持つと、皆、漠然としたルールは教えていても、きちんと子どもが理解できるルールは教えていない事に気づきました。

嫌な例ですが、お友達(知っている人)の持ち物を取るのはいけないけれど、知らない人の物やお店の物を盗るのは、見つからなければOK・・・
何だか、結果さえ良ければ、経過は問題ではないと教えられてきたのかな?と思ってしまった事例もありました。

親は、子の鏡です。

子どもは、親を見て、親をお手本にして成長します。

だから、親は人の目ではなく、親として社会で生きる為の自分のルールを再確認し、そして子どもには、その子の年齢にふさわしいルールを教え、少しだけ、住みやすい世界になれば・・・と思います。

All rights reserved by Place.4.u as of 2007