メルマガno.137

p4u_logo01.jpg

LinkIconLinkIconLinkIcon

過去のメルマガ

第137回 心配するよりも、問題解決しよう

子育てをしている最中は、心配の連続ですし、心配していない時の方が少ないぐらいです。
そういえば、昔どこかでナゾナゾで、「母親の趣味は何だと思う?」という問いに「その趣味は、心配することです」という答えがありました。

親が子どもに対して心配するのは、子どもを愛しているし、子どもの将来を考えて心配やら不安を抱えるので、仕方がないのですが、社会の風潮なのか、必要以上に子どもの心配をする親が増えている気がします。

この「必要以上」とは、子どもの自立を妨げる事につながるので、要注意です。
そこで、ご提案なのですが、まず、心配なことがあったら、次の方程式に当てはめて、考えてみて下さい
1. その心配は何ですか?
2. その心配は、物理的なことですか?(例、子どもの視力が心配。発達障害が心配。学習障害が心配) → 病院等の専門機関に相談
3. その心配は、精神的なことですか?(子どもを見ていると、イライラする。子どもといると、漠然とした不安がある)
→ カウンセラーや信頼できる友人に話してみる
なんだか、当たり前の事ですが、最近、「人に相談する」=「自分がダメ」と思っている方が多いので、一人で心配しているよりも、誰かに相談する事の方がはるかに問題解決につながります。
そして、それ以外の心配は、多分、漠然とし過ぎているので、「実際に起きてから、対処しよう」と思える事が大事です。

心配は、心配の根っこがわかれば心配の半分はそこで解決します。
根っこが分かれば、後は方法を考えて、地道に改善を繰り返す。

心配で一番怖いのは、心配が「妄想」に変わったときです。
だから、「妄想」の迷路に入り込む前に、誰かに相談をして下さい。

人に相談できる人は、勇気がある人です。動けば、きっと良い方向に進みますよ!

All rights reserved by Place.4.u as of 2007